売却のヒント不動産売却のお金のこと

家の査定のポイントは?流れや準備、注意点まで家の査定を徹底解説!

2020.03.30

みなさんこんにちは!

静岡市の不動産会社、ライフステーションの小田です。

 

家の売却の第一歩は査定!

少しでも高く売るためには、査定でしっかり高値をつけてもらいたいものです。

 

今回は家の売却時の査定についてのお話。

査定の流れや事前に必要な準備、査定でチェックされるポイントや注意点などをご紹介します。

 

 

家の査定の依頼前に!査定の流れと必要な準備を知っておこう

家の売却に必要となる査定。

スムーズに査定を進めるために、査定の流れと必要な事前準備をご紹介します。

 

一般的な家の査定の流れ

【1】まずは自分で相場をチェック

最初に行うことは売却価格の相場チェックです。

物件がある地域で似たような条件の売値を確認しましょう。

チラシや看板、情報誌、インターネットなどで確認できます。

 

【2】不動産会社へ査定を依頼

相場を把握したら不動産会社へ査定を依頼します。

査定の種類は、机上査定と訪問査定の2種類があります。

 

・机上査定

家の築年数や広さ、間取り、住所などのデータを伝え、過去の事例や市場の状況などから査定額を算定する方法です。

簡単ですぐに査定できますが、家ごとの個別事情は反映できません。

インターネットの一括査定サイトを利用してWeb上での一括査定も可能です。

 

・訪問査定

不動産会社のスタッフに訪問してもらい、家を直接確認して査定する方法です。

物件ごとの個別の条件や周辺環境なども細かく確認できるので正確な査定ができます。

査定にかかる時間は1~2時間程度です。

 

複数の不動産会社に机上査定を依頼して査定価格を比較し、不動産会社を絞り込んでから訪問査定を依頼するという流れが一般的です。

その後、査定価格に納得ができれば、不動産会社と仲介契約を結びます。

 

家の売却を決意してから査定額を確認するまでは平均で3~6ヶ月ほど。

その後の売却活動は相手もあるものですから、ココまではできるだけスムーズに進めたいものですね。

 

不動産売却にかかる期間については「不動産売却の期間はどのくらい?長引く要因と早める方法を知りたい!」でも詳しくご紹介しています。

 

家の査定の前に必要な準備

査定時には家の情報を正確に伝え、良い点もアピールすることが大切。

事前にこんな準備をしてから査定依頼をするようにしましょう。

 

住宅ローンの残高を確認する

住宅ローンが残っている場合、売却時にローンの残りを一括返済しなくてはいけません。

自己資金に余裕がない場合は、売却価格をローン残額よりも高く設定する必要があります。

ローン金額を把握して売却目標金額を考えるようにしましょう。

 

リフォーム履歴の確認

外壁を塗り替えたり、キッチン設備を新しくしたりなど、リフォームをしているなら「いつ」「どんな」リフォームをしているのか確認しておきましょう。

リフォームをして内外装をきれいにしたり設備を新しくしたりしていることは、物件価値を高めてくれますので、しっかり伝えましょう。

 

清掃と整理整頓

訪問査定時に少しでも良い印象を与えられるよう、清掃と整理整頓を心がけましょう。

「掃除をしたところで物件の価値は変わらないので、査定額には影響がない」とも言われますが、査定をするのは人間。

印象は大切です。

「大切に、きれいに使用していたんだな」と売主に対する信頼感もアップします。

家の査定はどこをチェックされる?

不動産会社の査定員は、家の査定でこんなポイントをチェックしています!

 

家の状態や機能性

査定する際のポイントとして大部分を占めるのは、建物そのものの状態チェック。

築年数は新しいほど価値が高く、そのほかにも劣化や破損、汚れ具合、使いやすい間取りかどうか、設備の新しさや機能性なども重要なポイントとなるでしょう。

 

以下のポイントは基本的にチェックされます。

・築年数

・大きさ

・間取りは使いやすいか

・キッチンや水周り設備は新しいものかどうか

・水周りの劣化や破損、汚れはないか

・壁や天井など内装に劣化や破損、汚れはないか

・屋根や壁など外装に劣化や破損汚れはないか

・基礎はしっかりしているか

 

土地の状態

家が建っている土地・敷地については、日当たりの良さや家の前の道路幅、間口の広さなどがチェックされます。

使いやすく快適に暮らせるかどうかがポイントです。

 

周辺環境や利便性

電車やバスなど交通機関は通っているか、最寄り駅からの距離、スーパーや病院、学校などが近くにあるかといった、生活しやすく利便性の高い地域かどうかがチェックされます。

近所に騒音や悪臭の元となるようなものがないかも見られています。

 

家の査定における注意ポイントも確認!

 

 

査定の大まかな流れやチェックされるポイントはわかりましたでしょうか。

そのほか、査定時に注意したいポイントもご紹介します。

 

机上査定は複数の不動産会社に依頼して査定額を見比べる

机上査定は電話やインターネットで依頼できることがほとんどなので、必ず複数の会社に依頼し、査定額を比較しながら検討するようにしましょう。

全体的な相場感も把握できます。

この時に注意してほしいのは、「一番高い査定額をつけてくれたから」という理由だけで不動産会社を決定しないことです。

相場から大きく外れた高額査定に惑わされないようにしてください。

 

家の欠点やマイナスポイントは正直に伝える

「裏口の立て付けが悪い」「雨の日には雨漏りする」など、故障や劣化している部分は隠さずにきちんと伝えてください。

査定に影響しそうなマイナスポイントはあまり伝えたくないものですが、隠したままだと売却後に売主が責任を負わなくてはいけない可能性もあります。

査定時には故障していても、売却までに修理予定ならそれも合わせて伝えましょう。

 

売主の態度も見られている!

売却活動は売主と不動産会社との二人三脚。

お互いの信頼関係の構築も重要です。

にこやかな態度と丁寧な心遣いを心がけましょう。

もちろん、信頼できる不動産会社を選ぶことも大切です。

 

まとめ

・査定は相場をチェックしてから!

家の査定の際には、まずは自分で相場をチェック。その後、不動産会社の机上査定をへて不動産会社を絞り込み、訪問査定をお願いしましょう。事前に住宅ローン残高やリフォームの履歴などを確認しておきましょう。

 

・家の査定でチェックされるポイント

査定では建物の築年数、家や設備の劣化や破損状態、土地の使いやすさや利便性を含む周辺環境などを確認されます。建物は築年数が浅く、きれいなほど高査定。キッチンやお風呂などに便利な設備が揃っているかもポイントになります。

 

・家の査定の注意点

インターネットの一括査定や机上査定を利用して、複数の不動産会社の査定額を比較して検討するようにしましょう。ただし査定額だけに惑わされてはいけません。訪問査定時にはにこやかで丁寧な対応を心がけ、家のマイナスポイントも隠さず正直に伝えましょう。 

 

静岡で不動産売却を検討している方はライフステーションへご相談ください!

不動産売却の専門家と豊富な実績を揃えてお待ちしています!

 

 

人気の記事

失敗しないための『不動産会社選び』と『相談』のポイント

失敗しないための『不動産会社選び』…

売却の際の法律や税金など、諸費用のご不安はございませんか?

売却の際の法律や税金など、諸費用の…

不動産売却の期間はどのくらい?長引く要因と早める方法を知りたい!

不動産売却の期間はどのくらい?長引…

不動産購入希望者の生の声をご紹介します

不動産購入希望者の生の声をご紹介し…

家の査定のポイントは?流れや準備、注意点まで家の査定を徹底解説!

家の査定のポイントは?流れや準備、…

最新の記事

家を引き継ぐイメージ
2020.11.28

財産分与の不動産取得税とは?財産分…

家に関する統計のイメージ
2020.11.27

不動産売却の相場はどれくらい?自分…

砂時計と棒グラフ
2020.11.22

不動産売却のタイミングはいつ?その…

カテゴリー

不動産売却のお金のこと
不動産売却の基礎知識
目的別 不動産売却の知識
静岡市の不動産売却事情

地域専門の
プロフェッショナルに相談