購入のヒント不動産購入のお金のこと

購入の諸費用

2020.03.30

「仲介手数料って何?」「ローンはどうすればいいの?」不動産購入に関わる価格を説明します。

 

ご購入に必要な資金

 

まず、月々及びボーナス時に返済できる金額から住宅ローンの借入金額を算出します。それに自己資金(手付金・諸費用)を加えた金額が購入金額の合計です。その金額から諸費用を引いた金額が購入可能物件価格となります。

 

諸費用とは

一般的に、購入価格の5%~10%程度になります。内訳は以下の通りです。

ローン諸費用

●ローン事務手数料 ●ローン保証料

●ローン代行料

税金

●印紙代 … 売買契約書やローンを組むときの契約書に貼る印紙
●登録免許税 … 不動産を買ったとき(所有権移転登記)

●ローンを借りたとき(抵当権設定登記)
●不動産取得税

登記手数料

●司法書士費用店登記手続きの際の司法書士への報酬

仲介手数料

●<物件価格が400万円超の場合>
成約価格×3%+60,000円(消費税別)

保険料

●火災保険

●地震保険
●家財保険料

その他

●施設負担金

●引越し代金
●リフォーム代金
●固定資産税都市計画税
●管理費(マンション購入のとき)
●修繕積立金など(マンション購入のとき)

いつどのような費用が必要か?

いつどのような費用が必要?不動産売買契約締結から引渡しまでの各場面で、下記のような費用が必要になりますので、当社のスタッフとお打ち合わせの上、ご用意ください。

 

売買締結

手付金 売買契約締結時に売主様に支払います。
印紙代 売買契約書に印紙を貼付します。
仲介手数料 仲介手数料。(契約時に半金)

中間金

住宅ローンの契約書に印紙を貼付します。

ローンの申し込み

印紙代

売買契約書に印紙を貼付します。

残金代・引渡し

残代金 売買金額から手付金などを差し引いた金額。
登記費用 登録免許税や司法書士への報酬などです。
固定資産税など精算金 引渡し日において日割り計算します。
ローン諸費用 ローン代行料。ローン事務手数料。保証料などの費用です。
保険料 火災保険料など
仲介手数料 仲介手数料。(残金時に半金)
その他 リフォーム代金。引越し代金

不動産取得税

 

仲介手数料ってどのくらい?

仲介手数料は、次で算出された金額です

売買価格に

1. 200万円以下の金額 … 5%
2. 200万円を超え400万円以下の金額 … 4%
3. 400万円を超える金額 … 3%

を乗じて得た金額の合計(消費税別)

 

計算の例
売買価格300万円の場合 売買価格1,000万円の場合
1 200万円×5%=10万円 200万円×5%=10万円
2 100万円×4%=4万円 200万円×4%=8万円
3 0万円×3%=0万円 600万円×3%=18万円
仲介手数料 14万円(消費税別) 36万円(消費税別)

仲介手数料には消費税が課税されます。(上記表は消費税が含まれておりません。)
通常、不動産は400万円を超えることが多いので、この場合は次の計算式で求められます。
仲介手数料=[成約価格×3%+60,000円](消費税別)

人気の記事

不動産購入の流れ

不動産購入の流れ

失敗しない『不動産購入』のポイント

失敗しない『不動産購入』のポイント

住まい選びのメリット・デメリット

住まい選びのメリット・デメリット

購入の諸費用

購入の諸費用

最新の記事

2020.03.30

購入の諸費用

2020.03.30

住まい選びのメリット・デメリット

2020.03.30

失敗しない『不動産購入』のポイント

カテゴリー

不動産購入のお金のこと
不動産購入の基礎知識

地域専門の
プロフェッショナルに相談