静岡市のマンションの売却

静岡市でマンション売却を
お考えの方。
当社は無料で査定を
行っております。

いま、住んでいるマンションを
少しでも高く売りたい。

相続したマンションを売りたい、空き家にマンションを処分したい。
静岡市でマンションを売却するならご相談ください。
ライフステーションは静岡専門です。エリアを絞り込んだ特定の学区ごとに市場を熟知した担当者がいます。
また昨今ではSNSを駆使し情報発信を行う事により、未公開情報を購買層にダイレクトに情報をお伝えし、早期売却を実現しています。

今、初めての家を計画中の
子育て世代が、
マンションを探しています。

マンションにするか、一戸建てにするか、多くの人が悩むテーマです。
マンションを選ぶ理由は、駅近など利便性が高い物件が多いこと、オートロックや防犯カメラ、管理人の常駐などセキュリティも万全なところ、高層階の部屋なら日当たりや眺望も期待できことです。
また、室内がフラットなので移動がラクで、高齢になっても暮らしやすいことから、近年はマンションを選択するご家族が増えています。
静岡専門で不動産の情報(未公開情報含め)を多く取り扱っている当社には毎月多くの「購入希望者」から問合せを頂いております。

マンションの売却に関する
その悩み、
ライフステーションが
解決します

Q

築年数が古いので、マンションの売却はできないと思うのですが・・・

A

当社への築古マンション購入希望者のほとんどは、予算と立地(通勤や通学の都合)を優先していますので、古さが問題にならないケースは多くあります。

Q

親のマンションを相続したが、自分の居住地から遠方なので不要です

A

所有していると税金の支払いが発生します。また空き家の管理が負担になるので、売却をおすすめします。

Q

古い家なので売却後のトラブル発生が心配です。

A

最新の民法や宅建業法を理解し、トラブルの無いよう契約書を作成しますので、ご安心ください。

誰よりも詳しい私たちに
ご相談ください

相続の手続き

遺産分割調整

売却の必要書類

税金の算出

売却の諸費用

不動産の売却には
「仲介」と「買取」が
あります。

仲介とは

ライフステーションが
売却活動を行って買ってくれる人を
探します

SUUMOネット、アットホームへの掲載する前に、未公開物件として物件を探している弊社の会員さんに直接LINEやSNS等を駆使してご案内し、早期売却を実現しています。

買取とは

不動産会社が
あなたの物件を買い取ります

買取は仲介よりも手間と時間がかかりません。
仲介の場合、物件を売り出し、広告を行い、お客様を募り、交渉があり、契約を行い、引渡しをする、この一連の営業サイクルがあります。いつまでに売れるかという保証も市場次第の部分もあり大体の予測は可能ですが、確定的ではありません。
当社はご希望の場合、仲介と同時で買取のご提案可能です。
「手取り金額でのご提案」、「不要なお荷物はそのままで」、「売却後の補償も一切不要」、「直接買取なので仲介料は不要」のわかりやすい内容となっています。

マンションを売却した
お客様の声

静岡市葵区 I様

考えていた額を上回る取引になりありがたく思っています

担当の佐藤様には大変お世話になりました。
こちらの意見に真摯に耳を傾けてくださり、要望にもできる限り応えていただき、本当に感謝しております。
会社に何度もお電話させていただいたのですが、スタッフ皆様の電話応対もとても感じが良かったです。
ありがとうございました。

もっと見る

静岡市葵区 S様

要望にもできる限り応えて頂き本当に感謝しています

初回の説明から内覧まで、とても丁寧なご対応をしていただきました。
当初、自分達で考えていた額を上回る取引になりありがたく思っています。
大事に住んできた愛着のある家(部屋)だったので、状態が良いと言っていただき嬉しかったです!
担当の佐藤さんも、誠実な方で、安心しておまかせすることができました。
ありがとうございました。

もっと見る

静岡市駿河区 S様

すごく親切にしていただきました

マンションをお世話いただき、又、土地もお世話いただきまして有難う御座いました。
すごく親切にしていただきました。
山本様、小田様も良くしていただきました。

もっと見る

マンションの売却の流れ

(1)売却計画を立てる

引越時期や買い替え準備等、ある程度の計画を立てましょう。
住宅ローンの残債が残っている場合は、売却額で返済できるか資金計画も立てます。返済可能性については、査定結果も考慮して判断します。
また、買い替えの場合は、売却を先に行うか、購入を先に行うかも決めておきます。

(2)家の査定依頼

査定額によって、ローン残債を返済できるか、もしくは買い替え時の自己資金はどの程度用意すべきかを検討します。
査定額がいい加減だと、売却計画に狂いが生じ、売却そのものが上手く行かなくなる可能性があります。

(3)売却の準備

査定の後は、売却計画と照らし合わせます。
査定額がローン残債よりも低い場合、売却を見送るということもあります。

(4)不動産会社と契約を締結

不動産会社に売買の仲介を依頼する契約を結びます。

(5)売却活動

売出価格を決めて、売却活動を開始します。一般的な売却期間は3ヶ月程度です。
売出価格が高すぎれば売れませんし、安すぎれば損をします。
買い替えで「売り先行」の場合、住みながら売却することになりますので、内覧の対応をする必要があります。

(6)売買契約の締結

売買契約と引渡の間は、およそ1ヶ月あります。
売買契約では、契約書の読み合わせや設備表の確認、手付金の受領などを行います。

(7)引き渡し

買主からの支払いと、売主から買主に鍵を引き渡して引渡が完了します。
売主に抵当権が残っていて、買主が新たな抵当権を設定する場合は、司法書士も立ち会い、抵当権の抹消と新たな抵当権の設定、所有権移転登記も同時に行います。

(8)確定申告

不動産を売却した場合、課税譲渡所得が発生した場合には、税金を納めますが、売主はなるべく税金が発生しないように特例が設けられています。
多くの場合、税金は納めなくても良いのですが、特例を使うにあたっては確定申告をする必要があります。

ライフステーションは、不動産売却の身近な相談相手です。
今すぐ売却をお考えの方、
将来的に売却を考えている方もお気軽にご相談ください。
住宅に関するプロフェッショナルとして
最善のご提案をいたします。